詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊ポエム8月号「地味」

<<   作成日時 : 2013/08/11 08:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

             「地味」

海沿いに道路が大きく曲がると、視界がさーっと開けた。
「わー、すごい」
隣りで歓声をあげるのは妻だ。結婚して初めて私の生家にやってき
た。都会育ちの彼女には、過疎が進む片田舎の居住まいすべてが目
新しいのだろう。段々に連なった狭い水田群、その中にぽつんとあ
る駐車場がやたらと広いスーパー、水田の向こうに点在する錆びた
トタン屋根の鶏舎たち。
「ね、あれ何?」
浜では護岸工事が進行中だった。高い足場を組み、コンクリートを
流し込み、大きな堤防を作っている。
「埋め立てだよ。ここら辺りは平地が少ないんで、ああして、農地
を広げようとしているんだ」
「ふーん。でもせっかくの景色が、なんか違和感あるよね」
妻は不満げだ。しかしそれはよそ者の感傷でしかない。過疎のきつ
さは住んでみないとわからないものだ。
小さな家の集まりが見えてくる。そこでハンドルを右に切り、古び
た石橋を渡ると私の生家だった。私たちが来ることを伝えてあった
からか、玄関が大きく開いている。板間と居間が外から丸見えだ。
車を停めると何人かが出てきた。
「ね、ね」
妻が私の肩をつつく。緊張した真剣な目だ。
「これでほんとによかったかしら」
「うん?」
彼女の人差し指が自分の胸と足を指して上下している。
「大丈夫だよ」と私は笑う。
初めての訪問ということで、彼女は最後まで服装を気にしていた。
そして決めたのは、洗いざらしジーンズに白の綿シャツ、それにス
ニーカーという、丸の内で働く彼女にしては、かなり地味な選択
だった。
「いらっしゃい」
勢ぞろいした姉、義姉、義妹たちの笑顔に、あわてて車から降り、
丁寧に頭を下げる妻。その目線はさりげなく姉たちの服装をチェッ
クして、そして安堵したようだ。エプロンはしているが、みんな似
たような格好だった。
お土産の袋を持ち、姉たちに案内された妻が家に入っていく。
「久しぶり」
女たちが家に入ったころに、もっそりと兄と弟が出てきた。懐かし
い笑い顔だ。
「やー、東京の女(ひと)だって聞いてたから、どんな派手な格好
で来るかなって期待してたんだけどね〜」
「ははは。それは残念でした」
両隣りの家からも、ぞろぞろと知り合いが顔を出してきた。もちろ
ん、みんなのお目当ては私ではない。

------------------------------------------------------------

         今月のテーマ素材:  [地味]

------------------------------------------------------------

          [今月の巻頭詩]

      地味

      やっぱりコンブかな
      地味なおにぎりの具ナンバーワンは
      梅干しはスタンダードだし
      ツナはハイカラだし

      森静野
      2013/08/04 22:46

----------------------------------------------------------------

   ▽△▽△  4 行 詩 の 展 覧 会  △▽△▽ 

         テーマ素材 「 地味 」

   恋 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 動物病院
   黒と白と大火輪 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ aoi
   無題 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ロウ異性
   地味 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 森静野
   地味だけど ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ チビ○

 ●作品表示の凡例 (作品は投稿順に並べてあります)
------------------------------------------------------------
タイトル
 4行詩本文
 (あとがき)
ペンネーム
投稿日時
------------------------------------------------------------


ずいぶん垢抜けたね
格子柄の地味なワンピースが定番だったのに
恋を見つけたのなら祝福するよ
心の中に 雨が降っていても

動物病院
2013/07/10 22:40
------------------------------------------------------------
黒と白と大火輪

水彩画のように静謐な
きみの出で立ち
極彩色の花火を忘れて 
ぼくは見惚れて 君に 

aoi
2013/07/21 19:06
------------------------------------------------------------
無題

デジタルテレビのリモコンの「番組説明」ボタンで
番組内容を覗けば
スタッフ陣の名前が2回全く同じように繰りかえされていた
地味だけれども素晴らしいことだと思った

(あとがき)
Eテレの番組説明でした。出演者は勿論のこと、裏方の方がたであ
れば尚更のこと、名前が覚えづらいので、素晴らしいと思いました。

ロウ異性
2013/08/02 08:31
------------------------------------------------------------
地味

やっぱりコンブかな
地味なおにぎりの具ナンバーワンは
梅干しはスタンダードだし
ツナはハイカラだし

(あとがき)
おかかといい勝負?

森静野
2013/08/04 22:46
------------------------------------------------------------
地味だけど・・

こんなもんかな
でも、いい事もあったよ
ふり返り納得してる
地味な人生

(あとがき)
負け惜しみ・・・?

チビ○
2013/08/09 09:58
‥------------------------------------------------------------
[記録室]
投稿全作品数:10
推薦詩:5
------------------------------------------------------------

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 編集室から ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

こんにちは。
猛暑が続いていますが、お変わりありませんか。これだけ暑いとつ
いつい冷たいものばかりに手が伸びます。最近見つけて気に入って
るのは、スパークリングジュース?のオランジーノというやつ。こ
れはフランス生まれらしいのですが、炭酸の刺激が心地いいので、
冷蔵庫に常備するようになりました。

さて今月のテーマ素材は「地味」でした。巻頭詩には森静野さんの
「地味」を選びました。コンビニでおにぎりを買うとき、あの品揃
えにはいつも驚かされますが、それでも、定番なのがおかかと梅と
そしてコンブ。ツナマヨとか焼き明太などに較べると、どれもなか
なかの地味っぷりだと思います。チビ○さんの「地味だけど」は、
負け惜しみではなく、たぶん、いい意味での自己満足。後悔もある
けど、ま、いいかって感じに読みました。

9月号のテーマ素材は「味方(Ally)」

みかた【味方】とは、対立するものの中で、自分が属しているほう。
また、自分を支持・応援してくれる人のことを指す。

あまり自分の周囲を味方と敵に色分けすると楽しくなくなりますが、
それでも自然と応援したくなるもの、人っていますよね。そんなあ
なたの味方、あるいは仮想敵への思いを四行詩でお寄せください。

9月号の発行予定は9月8日です。

                    編集人 ジョッシュ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 メールマガジン: 詩とエッセイの月刊ポエム8月号
     発行日: 2013年8月11日(通算195号)
   総発行部数: 約200
     発行元: mbooks(ジョッシュ)
          http://4poem.at.webry.info/
     連絡先: prn81060_mbooks2アットyahoo.co.jp
          (アットを@マークにして送信ください)
     著作権: 著作権はmbooksおよび各作者にあります。 
          転載や引用は必ず事前にご相談ください。
   登録・解除: 各メルマガの配信元でお願いします。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊ポエム8月号「地味」 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる