詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月号投稿募集

<<   作成日時 : 2013/10/06 17:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

画像

11月号の投稿テーマは「眠る Sleeping」。

まぶたを閉じて、無意識の世界へ。眠りは人間の営みに欠かせない
活動です。しかし個々の眠りはさまざま。さて、あなたの眠りはど
うですか。四行詩でお寄せください。

下の「コメントする」欄から投稿してください。

ニックネーム=お名前
コメント欄=四行詩のタイトル(改行)、四行詩(改行)、+あとがき(任意)

投稿作品は編集人が確認してから公開いたしますので、反映には少し時間がかかります。
11月号の発行予定は11月3日、投稿締め切りは11月2日です。
四行詩の投稿、お待ちしております。
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
寝床

床の居座りが転寝を誘い
床が温いと不貞寝を誘う
床を確り熟寝させないと
床で浮き寝のままになる
作詩屋
2013/10/08 12:46
晩秋の願い

穏やかな臨終に立ち会うと
天命を信じる気にもなる
永遠(とわ)の眠りは安らかに
柄にもなく気弱になる 晩秋の夜
動物病院
2013/10/09 16:36
不眠

深夜1時
猫の寝息さえ気になる
ピンっと研ぎ澄まされた神経が
眠りを妨げる

眠れない夜が怖い!!
チビ○
2013/10/14 21:02
待人の昼寝

果報を寝て待っているときは
枕を高くしたって寝つけない
起きて半畳と言い聞かせても
寝ている子を起こしてしまう
作詩屋
2013/10/20 21:39
ヨガの修行をして居たら
いつの間にか眠って仕舞った
次目覚める時には
不快なブレーキの車内なのであった

*詩心を高めて行きたいと思う今日この頃です。
ロウ異性
2013/10/21 04:55
沈船

殺戮兵器の宿命も
故郷に残した未練も
水平線に託した希望も
母なる夜に抱かれて
サヨナキドリ
2013/10/21 13:00
たずねびと

夢現に垣間見た 微かな面影
彼方に揺らめく 小さなそれは
初めて会うのに どこか懐かしい
ああ 誰しも追い求めてゆくのだろう


夢に出てくる知らない人は幼少期を含め無意識のうちにすれ違ったり出会ったりして、そのまま忘れてしまった人だと聞きました。
私たちの無自覚はそうして何かを訴えているのかもしれませんね。
Artec
2013/10/24 00:15
眠り


眠るのは得意得意
眠れぬ夜なぞどこにある
眠りの中で砂丘を歩く
快感の窪みにサラサラ墜つ

(あとがき)
秋の布団の冷たさよ。
森静野
2013/10/26 05:33
あの時君は

一度も使わなかった消しゴムのように
引出の奥に眠り続ける思い
古ぼけているけどみずみずしい
あの時君は 気付いていたのだろうか
動物病院
2013/10/26 10:48
誕生

周りをなごやかに
見るものを笑顔にして
すやすやと眠る
小さな赤ん坊の大きな力
実希
2013/10/28 23:22
やすらぎのひととき

心の内にあるものすべて
曝け出したいと思いつつ
今日も寝息を聞きいる
このままでよいのだと

aoi
2013/10/31 02:39
習性

予定のない休日の朝
ぬくぬくとした布団の中で
ゆっくりと眠りたいのに
いつも通りに目が覚める
実希
2013/11/02 22:19
雨粒の憧れ

空から落ちてきた雨粒
虹を作った思い出を振り払い
土に落ちて眠る 密やかに眠る
背から下ろした羽は 今日から明日の境を越えて靄にする
タイム
2013/11/02 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
11月号投稿募集 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる