詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊ポエム11月号「眠る」

<<   作成日時 : 2013/11/04 06:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

            「眠る」

「そろそろ眠ったほうがいいんじゃないか」
静まった暗闇でわたしは促してみた。夜光表示をみると時計は午前
3時過ぎを指している。明朝の予定は午前7時の朝散歩、そして全
員揃っての朝ごはんだった。
「うん」
肯定だけれども、語尾が煮え切らない。まだなにかあるのか、暗闇
を透かして見るが、彼女はまっすぐ天井を見つめているようだ。
「それで?」
仕方なく、話の接ぎ穂を送ってみる。少しの沈黙があって、ほっと
いうため息がひとつ。
「悪いよね」
何が?
「こんな話に付き合せて」
「いいよ。どうせ目がさえてて眠れそうもないし」
それに彼女の失恋話に聞き耳を立てているのはわたしひとりじゃな
い。同期合宿の夜は8人グループの男女相部屋だった。もちろん男
5人女3人の間には仕切りのような衝立が立ててある。ハードな初
日が終わり、マジで寝息を立てているのは五人だけ。
「うん、ありがと」
そうして彼女はささやくように夏の恋話を続ける。それはサザンの
ヒット曲のような展開だった。きらめく夏の海辺で出会った男は、
白い歯が素敵だった。しかし、夏が終わり、丸の内の待ち合わせに
やってきた男は、どこにでもいるようなニヤけたサラリーマン。そ
の落差に彼女は落ち込んだ、ということらしい。そして秋も深まっ
たこの頃、夏の恋に別れを告げようとしている。よくある話だ。
「自分の気持ちを大切にしたら」
ありきたりのアドバイス。しかし、それは彼女の期待に沿うもの
だったようだ。ありがと、と短いつぶやき。そして安堵したような
ため息。そしてもうひとつ。衝立の向こうでもうひとつの小さなた
め息が漏れたのをわたしは聞き逃さなかった。
そう、これできみにもチャンスがあるよ。

------------------------------------------------------------

         今月のテーマ素材:  [眠る]

------------------------------------------------------------

          [今月の巻頭詩]

      沈船

      殺戮兵器の宿命も
      故郷に残した未練も
      水平線に託した希望も
      母なる夜に抱かれて

      サヨナキドリ
      2013/10/21 13:00

----------------------------------------------------------------

   ▽△▽△  4 行 詩 の 展 覧 会  △▽△▽ 

         テーマ素材 「 眠る 」

   晩秋の願い ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 動物病院
   沈船 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ サヨナキドリ
   眠り ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 森静野
   誕生 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 実希
   やすらぎのひととき ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ aoi

 ●作品表示の凡例 (作品は投稿順に並べてあります)
------------------------------------------------------------
タイトル
 4行詩本文
 (あとがき)
ペンネーム
投稿日時
------------------------------------------------------------
晩秋の願い

穏やかな臨終に立ち会うと
天命を信じる気にもなる
永遠(とわ)の眠りは安らかに
柄にもなく気弱になる 

(あとがき)
晩秋の夜

動物病院
2013/10/09 16:36
------------------------------------------------------------
沈船

殺戮兵器の宿命も
故郷に残した未練も
水平線に託した希望も
母なる夜に抱かれて

サヨナキドリ
2013/10/21 13:00
------------------------------------------------------------
眠り

眠るのは得意得意
眠れぬ夜なぞどこにある
眠りの中で砂丘を歩く
快感の窪みにサラサラ墜つ

(あとがき)
秋の布団の冷たさよ。

森静野
2013/10/26 05:33
------------------------------------------------------------
誕生

周りをなごやかに
見るものを笑顔にして
すやすやと眠る
小さな赤ん坊の大きな力

実希
2013/10/28 23:22
------------------------------------------------------------
やすらぎのひととき

心の内にあるものすべて
曝け出したいと思いつつ
今日も寝息を聞きいる
このままでよいのだと

aoi
2013/10/31 02:39
------------------------------------------------------------
[記録室]
投稿全作品数:13
推薦詩:5
------------------------------------------------------------

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 編集室から ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今年は猛暑のすぐ後ろに冷たい冬が待っているようで、秋がとても
短いものになりそうだとか。そういえば紅葉前線の北上も、例年よ
り少し遅めのようです。お変わりありませんか。

今月のテーマ素材は「眠る」でした。巻頭詩にはサヨナキドリさん
の「沈船」を選びました。海底の船とともに眠るいろんな思いが、
鮮やかに胸を過ぎりました。動物病院さんの静かな死と向き合う
「晩秋の思い」、aoiさんの、無心の眠りに心が動く「やすらぎのひ
ととき」も、じわっと心に残りました。

12月号のテーマ素材は「瑠璃(るり)色 lapis lazuli」です。

瑠璃色(るりいろ)とは、やや紫みを帯びた鮮やかな青。その呼び名
は、半貴石の瑠璃(ラピスラズリ、英: lapis lazuli)に由来してい
ますが、実際に瑠璃を粉砕して作られる顔料(色)はウルトラマリン
となり、群青色と表現する人もいます。また、明けや宵の紫がかった
青の空色を喩えて、瑠璃色の空と言ったりしますが、あなたにとって
の瑠璃色を四行詩でお寄せください。

12月号の発行予定は12月1日です。

                    編集人 ジョッシュ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 メールマガジン: 詩とエッセイの月刊ポエム11月号
     発行日: 2013年11月4日(通算198号)
   総発行部数: 約200
     発行元: mbooks(ジョッシュ)
          http://4poem.at.webry.info/
     連絡先: prn81060_mbooks2アットyahoo.co.jp
          (アットを@マークにして送信ください)
     著作権: 著作権はmbooksおよび各作者にあります。 
          転載や引用は必ず事前にご相談ください。
   登録・解除: 各メルマガの配信元でお願いします。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊ポエム11月号「眠る」 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる