詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月号投稿募集

<<   作成日時 : 2014/01/05 08:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

画像
2月号のテーマ素材は「隣り(Next)」です。

隣り(Next)とは並んで続いているもののうち、最も近くにあること。
またはあるもの。左右両側にある家。また、その家の人。
(出典:Goo辞書)
あなたの隣りにいるのは誰ですか。あるいは隣りになりたい誰かへ
の思いを4行詩でお寄せください。

2月号の配信は2月2日、投稿締め切りは2月1日です。

下の「コメントする」欄から投稿してください。

ニックネーム=お名前
コメント欄=四行詩のタイトル(改行)、四行詩(改行)、+あとがき(任意)

投稿作品は編集人が確認してから公開いたしますので、反映には少し
時間がかかります。

どなたでも投稿できます。
四行詩の投稿、お待ちしております。
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
川の字

右が父さん 左が母さん
夜な夜なむくりと起き上がり
頭を逆さに寝てしまう
左が父さん 右が母さん
サヨナキドリ
2014/01/05 13:55
旅立ち

隣にあった君の笑顔も
今はうなだれた百合の花
あの日 君は旅立ち
新しい春の 風となった

※中三の時、交通事故で亡くなった同級生の話です。
 小柄で大人しい子でした。
動物病院
2014/01/07 23:55
隣の宝

家では粟飯を食べているくせに
誰も隣の粟飯は食べたがらない
家では自分の宝を数えるくせに
誰も隣の宝は数えようとしない
作詩屋
2014/01/11 00:04
錆びたブランコ

朽ち果てた公園
錆びたブランコの軋む音
隣人はもういない
滅びた街の静かな冬
月光
2014/01/12 10:32

僕が君の左手を握るから
彼女が君の右手を握るから
君の両手は凍えない
君の心は凍えない
キャプテン
2014/01/15 19:14
僕の隣で

僕には何かが欠けていて
僕には何が足りていない
踠いている僕を見ながら
いつも隣で笑う君がいる
作詩屋
2014/01/19 20:47
双子素数

きみとぼくは双子素数じゃないよね?!
だからぼくが素数だろうが、素数じゃなかろうが、どっちでもいいから
きみが素数だろうが、素数じゃなかろうが、 どっちでもいいから
そう、ぼくはただ、きみのそばに居れたらいいな…!
暁-akira-
2014/01/22 02:15
『隣に越してきた怪獣』

引っ越し蕎麦の代わりにと どんぐりたくさん持ってきた

「家族はいるの?」と尋ねたら 小さな二匹が顔出した

「荷物はないの?」と尋ねたら 壊れた黒傘取り出した

「お里はどちら?」と尋ねたら 口だけ大きく笑ってた
サヨナキドリ
2014/01/22 18:02
シャッターが下りて来ると
うるさいと思いました
11時前後の一瞬のうるささの後に
我々は我等が隣人の喫茶店へと出掛けて行きました

*2014年1月25日(土)の事でした。
ロウ異性
2014/01/26 01:58

みかんを分け合う間柄

向かい合うのではなくて
目つめあうのではなくて
互いに好きなことをして
同じ空間を共有する距離
aoi
2014/01/26 18:02
隣の芝生

見るまいと思うのに
つい見てしまい
苦笑いでごまかす
自分の弱さ
実希
2014/01/26 23:29
   草廬の隣


退職して廬(いおり)を結ぶ碧水の隣り
釣り糸を垂れれば
川面に耀く銀鱗

(あとがき)
 拙作「十六字令(中国の定型詩。四句三押韻)」を口語訳したものです。
 原作は、 
 春,乞骨結廬碧水隣。垂綸處,河面耀銀鱗。
獅子鮟鱇
2014/01/29 20:53
  むだめし

詩人は酒の隣りで
徒食よろこぶ飯の嚢(ふくろ)
桜をめでて花の底に醉い
歸り道では歩みふらふら

(あとがき)
 拙作五言絶句を口語訳したものです。
 原作は、

  詩人隣酒甕
  飯嚢欣素餐
  賞櫻花底醉
  歸路歩蹣跚

 酒甕飯嚢は、飲み食いするしか能のないことを比喩する四字成語です。
獅子鮟鱇
2014/01/29 21:18
同じ雨の隣に

同じ雨の隣、霧の夜
かわらないイブの雨
もうきこえない君の声
恋をかわした雨の隣

あとがき
クリスマスの冷たい雨の日に書きました。
樹更紗
2014/01/31 13:38
一人

いつも一人の昼食
べつに寂しくもない
後ろ隣りの君も一人
俯く顔は 何を思う
動物病院
2014/01/31 18:46
意気消沈

静まり返った部屋
紙をめくる音
隣の受験生のうめく様な溜息
わかるけど・・・

いくつになってもテストは嫌いです。
チビ○
2014/02/01 09:54
    廟堂の隣

  閑は好きかな
  梅は綻ぶ廟堂の隣
  鶴のように歩んで俳句を求め,
  風に随う翁嫗(おきなおうな)の春

(あとがき)
 拙作「閑中好(詞=中国の定型詩。四句二押韻)」を口語訳したものです。
 原作は、
  閑中好,梅綻草堂隣。鶴歩求俳句,隨風翁嫗春。
獅子鮟鱇
2014/02/01 16:20


危険な世になりやした
刃物が出るか盗撮か
隣は何をする人ぞ
ますます不干渉に生きていく


(あとがき)
みな手の中のスマホに夢中の電車内にて記す。
森静野
2014/02/02 01:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月号投稿募集 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる