詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月号投稿募集

<<   作成日時 : 2014/04/06 09:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像

月刊ポエム5月号のテーマ素材は「酸っぱい(Sour)」です。

私たちの周りには、酸っぱい味のものがいろいろ。なかには口を酸っぱ
くしてアドバイス(おせっかい?)をくれる友人もいます。そしてたま
には、あれ酸っぱかったなあとちくっと後悔と懐かしさで思い返すこと
もあったり。あなたの「酸っぱい」を四行詩でお寄せください。

5月号の配信は5月4日、投稿締め切りは5月3日です。

下の「コメントする」欄から投稿してください。

ニックネーム=お名前
コメント欄=四行詩のタイトル(改行)、四行詩(改行)、+あとがき(任意)

投稿作品は編集人が確認してから公開いたしますので、反映には少し
時間がかかります。

どなたでも投稿できます。
四行詩の投稿、お待ちしております。
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
食事のマナー

どんなに口を酸っぱくして言っても
片肘をついて音を立てながら食べる
そんな父にマナーで注意されたとき
僕は口の中の酸味が苦味に変わった
作詩屋
2014/04/09 22:25
擦れ違い

少し薄くて酸味が強い
芳ばしくないコーヒーを
美味しそうに飲む彼女
楽しそうに飲む私
サヨナキドリ
2014/04/11 22:37
酸っぱい葡萄

校内一のマドンナさん
僕にとっては酸っぱい葡萄
廊下から盗み見た音楽室
バイオリンの音 美しい横顔
動物病院
2014/04/12 11:43
すっパい

すきだと君についに言えず
つづるばかりだった日記
パイナップルがまだ酸っぱかった
いまから五十年まえの思春期
獅子鮟鱇
2014/04/14 09:01
すっぱい

すっぱいをおっぱいと書く孫に
点はいらないと教える
庭では猫が鳴き
私の春は暮れている
獅子鮟鱇
2014/04/14 19:53
私が去った後には
雛祭りも行われよう
内裏雛が飾ってあったら
人形天皇の時代ですと答えよう(すっぱい私は去って行く)

*松尾芭蕉の「草の戸も住み替わる代ぞ雛の家」と「内裏雛人形天皇の御宇とかや」の2句を翻案して詩にしました。
ロウ異性
2014/04/18 20:42
変態
あまりにも酸っぱかったのか
口をすぼめる君
その突き出された形に
興奮した愚かな少年
キャプテン
2014/04/19 11:05
爽風(そうふう)

花曇りの空 憂鬱な日
株価も下がり ふところ寂し
今日は甘酸っぱい思い出に浸ろうか
五月の爽風は 後わずか
動物病院
2014/04/20 23:15
ティータイムの裏側

酸味の強いプルーンを
煮詰めてジャムにした
固い果肉に砂糖を加え
時間をかけて鍋を見つめて
aoi
2014/04/29 19:06
酸葉(すいば)を噛む人は居ない
すかんぽを噛む時代は終わった
これらは今日ではただの迷惑な草として
除草の対象となるだけである

*4年前のすかんぽ除草を思い出しながら詩作しました。
ロウ異性
2014/04/30 14:41
酸っぱい

おかゆだけでは物足りぬ
例えば真っ赤な梅干し
例えば焦げ茶なたくわん
酸っぱきものと一緒にかきこみたい


(あとがき)
父の病院食を見て思う。
森静野
2014/05/01 00:08
給食当番

酸っぱい酸っぱいみかんの山から
ついに見つけた!絶対に甘いぞ!
そっと、あの子のお盆に置いたら、
このみかん小さいのね、って
サヨナキドリ
2014/05/01 20:04
晩春

季節は行ったり戻ったり
日差しはまぶしいのに
風は冷たい
若葉は酸っぱそうに光る
チビ〇
2014/05/02 00:32
お遍路

歩き疲れた道の途中で
お接待のすだちをかじった
口の中いっぱいに
やさしい酸っぱさが広がった
実希
2014/05/02 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月号投稿募集 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる