詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月号投稿募集

<<   作成日時 : 2014/06/01 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

7月号のテーマ素材は「自転車(bicycle)」です。

自転車(じてんしゃ)とは、乗り手自身の人力を主たる動力源として車
輪を駆動することで推進力を得て、乗り手の任意による進路で地上を走
行する乗り物である(引用:ウィキペディア)

我が家にはかつて4台の自転車がありました。家族一人に一台で、毎日、
どこへ行くにも自転車でしたが、いつの間にか、自転車は1台になり、
それも今は錆付いて、使えるかどうか。
あなたの自転車に対する思いを4行詩でお寄せください。

7月号の配信は7月6日、投稿締め切りは7月5日です。

下の「コメントする」欄から投稿してください。

ニックネーム=お名前
コメント欄=四行詩のタイトル(改行)、四行詩(改行)、+あとがき(任意)

投稿作品は編集人が確認してから公開いたしますので、反映には少し
時間がかかります。

どなたでも投稿できます。
四行詩の投稿、お待ちしております。
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
Racing Cycle

チェーンの機嫌が最悪だったあの夜の
どしゃ降りと星空を思い出しては
久しく乗らないサドルを撫でる
お前と俺は死ぬまで一緒だ
サヨナキドリ
2014/06/03 12:04
盗難車

あなたが構ってくれないから
私の体は錆びついてしまった
だから愛想を振り撒く足元に
盗られる方がまだましだった
作詩屋
2014/06/03 21:58
終りの日まで

象の自転車漕ぎ
止まることは出来ない
終点は誰も知らない
でも走る 終わりの日まで

※現在の中国。先が見えないですね。
動物病院
2014/06/03 22:43
無意味
あなたのために練習を始めたのに
あなたの支えがあったから走れたのに
あなたが居なくなったら
全部無意味になるじゃない
キャプテン
2014/06/06 18:40
自転車の君

毎日側を通る風は
幾千の言葉よりも強い
あの人の家から離れたこの場所
今日も自転車が見える時間
aoi
2014/06/15 11:55
自転車の言葉

たった一つの
ベルの音
優しさが 怒りが 感情が
心に響く
タイム
2014/06/20 22:46
自転車

景色を身にまとう
そのスピード
曲がった角の先を期待させる
あのスピード


(あとがき)
未知の場所へ向けて走れ自転車。
森静野
2014/06/22 11:20
あの頃へ

忘れられないあの街へ
ひたすらにペダルを踏んだ
変わらぬ君を見つけたら
何気ない挨拶をしよう
サヨナキドリ
2014/06/27 10:49
消された夏

轢きつぶされた自転車
沈黙する人々
消された夏の記憶
うたかたの夢

※天安門事件から、今年でちょうど四半世紀。
動物病院
2014/06/28 15:55
帰り道

夕方の歩道
ヘルメットと自転車の群れ
風に吹かれて
今日のことは無かったことに
チビ○
2014/07/01 15:12
レンタル自転車で河原の遊歩道を行くと
鶯の拙い鳴き方に気を留めながら
枯れたまま残って居る芒の群落に出会うが
「古草」では無い

*春の季語「古草」は枯れずに年を越した草だからです。枯れたまま残っている薄は何と言ったらいいのか。
ロウ異性
2014/07/04 20:49
運動音痴

田んぼに落ちて泥んこになり
ブロック塀で腕をこすり
すいすい乗りこなす友を羨み
やっと乗れた達成感で胸が震えた
実希
2014/07/05 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
7月号投稿募集 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる