詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊ポエム7月号「自転車」

<<   作成日時 : 2014/07/06 07:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
   自転車

「おっはよう」
背後から大きな声が聞こえた。おっはよ。振り向かずに声で答える。左
脇をさっと一陣の風、それと銀色の自転車がすり抜ける。あ、と思った
ら、もうセーラー服は後姿だ。紺色スカートのプリーツがぱたぱた舞っ
ているが、そんなことは気にする様子はなし。そのままぐんぐんと小さ
くなる。

もったいない。

それがあいつの説明だ。なにをそんなに急いでるんだよ。教室で隣りに
座るあいつに尋ねたとき、ちらっと白い歯を見せてから、そう言った。

だって、人生は短いのよ。

なんだそれ。

はぐらかされた気分だ。しかし、今でははっきりとある情景を重ねてい
る。

雨が降っている。梅雨時特有のじっとりした小雨だ。母に連れられて訪
ねた隣り町の商店街は静まり返り、ひっそりとしていた。歩いて探した
お目当ての店はシャッターが下りている。
「あら、しばらくお休みしますって。何かあったのかしら」
シャッターに貼ってあった紙は雨に濡れ、風にあおられたのだろう。無
残に破れていた。それを手で伸ばして読み取る母の横で、僕は固まった。
錆の浮いたシャッターの端に、寄りかかるように自転車が一台、雨に濡
れていた。見覚えのある銀色の自転車。

忌引きでしばらく休むらしい。

先生の言葉がよみがえる。雨は降り続けた。立ち尽くす僕の前で、錆び
たシャッターはかたくなに閉じたままであり、銀色の自転車はただ濡れ
そぼっていた。

----------------------------------------------------------------

         今月のテーマ素材:  [自転車]

----------------------------------------------------------------

          [今月の巻頭詩]

      自転車

      景色を身にまとう
      そのスピード
      曲がった角の先を期待させる
      あのスピード

      森静野
      2014/06/22 11:20

----------------------------------------------------------------

   ▽△▽△  4 行 詩 の 展 覧 会  △▽△▽ 

         テーマ素材 「 自転車 」

  自転車の君 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ aoi
  自転車の言葉 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ タイム
  自転車 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 森静野
  あの頃へ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ サヨナキドリ
  運動音痴 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 実希

 ●作品表示の凡例 (作品は投稿順に並べてあります)
----------------------------------------------------------------
タイトル
 4行詩本文
 (あとがき)
ペンネーム
投稿日時
----------------------------------------------------------------
自転車の君

毎日側を通る風は
幾千の言葉よりも強い
あの人の家から離れたこの場所
今日も自転車が見える時間

aoi
2014/06/15 11:55
----------------------------------------------------------------
自転車の言葉

たった一つの
ベルの音
優しさが 怒りが 感情が
心に響く

タイム
2014/06/20 22:46
----------------------------------------------------------------
自転車

景色を身にまとう
そのスピード
曲がった角の先を期待させる
あのスピード

(あとがき)
未知の場所へ向けて走れ自転車。

森静野
2014/06/22 11:20
----------------------------------------------------------------
あの頃へ

忘れられないあの街へ
ひたすらにペダルを踏んだ
変わらぬ君を見つけたら
何気ない挨拶をしよう

サヨナキドリ
2014/06/27 10:49
----------------------------------------------------------------
運動音痴

田んぼに落ちて泥んこになり
ブロック塀で腕をこすり
すいすい乗りこなす友を羨み
やっと乗れた達成感で胸が震えた

実希
2014/07/05 23:22
----------------------------------------------------------------
[記録室]
投稿全作品数:11
推薦詩:5
----------------------------------------------------------------
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 編集室から ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

梅雨の長雨が続いています。ブラジルのサッカーワールドカップ、日本
代表チームは予選敗退で残念でした。もっと盛り上がって楽しめるかと
期待していたのですが。

今月のテーマ素材は自転車でした。小さいころ、初めて自転車に乗れた
ときの感動(ちょっと大げさですが)はよく覚えてます。近所の中学校
の校庭で、乗っては転びを繰り返した、懐かしい思い出。巻頭詩には、
森静野さんの「自転車」を選びました。乗り始めのころのどきどきわく
わく感がよみがえります。それと実希さんの「運動音痴」、私の記憶と
シンクロしてますね。

さて、8月号のテーマ素材は「山(mountain)」です。

小さいころから山と海を見ながら育った私にとって、山は自然の遊び相
手であり、ひとり遊びの話し相手でもありました。山という言葉は自然
の山岳を指すほかに、事の盛り上がりを意味したり、勘のことを例えた
りします。あなたの山への思いを4行詩でお寄せください。

8月号の配信は8月3日、投稿締め切りは8月2日です。
4行詩の投稿をお待ちしています。

                    編集人 ジョッシュ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 メールマガジン: 詩とエッセイの月刊ポエム7月号
     発行日: 2014年7月6日(通算206号)
   総発行部数: 約200
     発行元: mbooks(ジョッシュ)
          http://www2c.biglobe.ne.jp/~joshjosh/index.html
     連絡先: prn81060_mbooks2アットyahoo.co.jp
          (アットを@マークにして送信ください)
     著作権: 著作権はmbooksおよび各作者にあります。 
          転載や引用は必ず事前にご相談ください。
   登録・解除: 各メルマガの配信元でお願いします。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊ポエム7月号「自転車」 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる