詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊ポエム9月号「巻き髪」

<<   作成日時 : 2014/09/07 07:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
巻き髪

ちょっと緊張するなあ。
音楽室のドアに手をかけて、ふうっと小さく息を吐く。
夏休みのど真ん中なのに、いきなり集合命令だもんなあ。
ドアの向こうからは読みあわせの準備、ばらばらの声が聞こえる。
もう何人か揃っているらしい。
えい。
思い切って、ドアを開いた。正面にアップライトピアノ。これは今日は
用なしなので、分厚いカバーで覆われている。授業で使う机はすでに後
ろに片付けられていて、中央に置かれた椅子が小さな輪を作っていた。
後姿がひとつ、ふたつ。
「遅い」
すかさず、声が飛ぶ。振り返ったのはあいつだ。
「悪い」
それだけいって、隣りに座り込む。緊張の瞬間。しかし何もない。その
向こうの女生徒、下級生が少し伸びをするようにして、会釈をくれる。
ちらっと視線が合うが、スルー。
そそくさとカバンから台本を取り出す。少し、緊張が解けた。
「あれ」
あいつの素っ頓狂な声。心臓がぴくん。
「あれあれえ」
声が近づく。明らかにこっちに顔を寄せてくる気配だ。
「あれあれあれえ」
「なんだよ」
思い切って、首を捻じ曲げる。ほんの鼻先で、あいつの目が丸く、大き
くなっている。
「髪、巻いた?」
「は?」
やり過ごそうと、台本を開く。うまい具合にドアが次々に開いて、先輩
たちがどやどやと入ってきた。読み合わせをやろうというのは彼らの提
案だった。もちろん、異議は認められない。先輩たちはがたがた椅子を
言わせて座り、手に丸めていた台本を開いている。
「それ」
あいつはしつこい。こっちの頭を指差して、ついでに隣りの下級生まで
小突いている。
「かわいい!」
こっちを見た下級生が白い歯を見せてくれる。可愛い? マジ?
「おいこら、そこ。私語はなし」
台本読みに入った先輩から、声が飛ぶ。下級生は白い歯をあわててつぐ
み、首をすくめた。先輩がちらとこっちを見る。やばい。どうか、スル
ーで。
「おい、こら。その髪の毛はなんだ。寝癖くらいは直してこいよ」
あいつがぷーっと大きく吹いた。

----------------------------------------------------------------

         今月のテーマ素材:  [巻き髪]

----------------------------------------------------------------

          [今月の巻頭詩]

      巻き髪

      旅館の仲居のおばちゃん
      いまどきチリチリパンチパーマ
      口は達者だが
      ちょっちゅねーは言わなかった

      森静野
      2014/08/15 04:52

----------------------------------------------------------------

   ▽△▽△  4 行 詩 の 展 覧 会  △▽△▽ 

         テーマ素材 「 巻き髪 」

  天使と魔女 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 動物病院
  巻き髪 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 森静野
  誰にも飾らない私 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ サヨナキドリ
  宿命 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ チビ○
  ないものねだり ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 実希


 ●作品表示の凡例 (作品は投稿順に並べてあります)
----------------------------------------------------------------
タイトル
 4行詩本文
 (あとがき)
ペンネーム
投稿日時
----------------------------------------------------------------
天使と魔女

レジの前では仏頂面
取り付く島ない巻毛の魔女が
つり銭間違え照れ笑い
天使になった瞬間 得した午後

(あとがき)
近所の本屋の美人さん。不意の笑顔には心が癒される。

動物病院
2014/08/05 20:32
----------------------------------------------------------------
巻き髪

旅館の仲居のおばちゃん
いまどきチリチリパンチパーマ
口は達者だが
ちょっちゅねーは言わなかった

(あとがき)
沖縄のカンムリワシじゃないからね。

森静野
2014/08/15 04:52
----------------------------------------------------------------
誰にも飾らない私

風になびいてゆらゆら揺れる
カーリーロングを切り捨てた
残ったチクチクする髪を
溶いてく風が気持ちいい

サヨナキドリ
2014/08/21 22:02
----------------------------------------------------------------
宿命

カットして1ヶ月…それは
毛先のうねりを忘れられ
天然という言葉にも動じない
解放の時

チビ○
2014/08/31 01:22
----------------------------------------------------------------
ないものねだり

さらさらな髪がうらやましい私と
くせ毛にあこがれる友
取り替えっこ出来たらいいね
でもまた相手のがよくなるんだろうねと笑いあう二人

実希
2014/09/06 23:21
----------------------------------------------------------------
[記録室]
投稿全作品数:11
推薦詩:5
----------------------------------------------------------------
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 編集室から ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

夏の後半は激しい雨と風。各地で大きな土砂災害を引き起こしてます。
被災されたかたがたには、心からお見舞い申し上げます。関東は今朝も
雨。いつもなら日本海側にあるはずの秋雨前線が、どういうわけか、
早々と太平洋側に居座ってるようですね。困ったものです。

今月のテーマ素材は「巻き髪」でした。巻頭詩には森静野さんの「巻き
髪」を選びました。パンチパーマって、いつだったか流行りましたが、
あれは一度セットすると日ごろの整髪の手間が簡単でいいんだとか?私
は直毛なので、ああいうのには小さいころから憧れてました。サヨナキ
ドリさんの「誰にも飾らない私」ですが、溶かす、梳かすというふたつ
の言い回しで投稿されていましたので、私の好みで、揺れるに暗喩で呼
応する溶かすのほうを選びました。読み過ぎかもしれませんが、髪と心
とが重なっているように感じられたのです。

さて、10月号のテーマ素材は「味噌汁(MisoSoup)」です。

味噌汁は日本の食文化において、主食とされる米飯や雑穀飯の副食とし
て、主要な位置を占める。料亭や食堂で出される事も、家庭料理として
家庭で作られることもある、汁物料理の代表である。昆布・削り節や煮
干しなどで出汁をとり、食材と味噌で味を作るという、調理法としては
単純な料理であるが、出汁・味噌に加え具材も各家庭・調理者によって
千差万別であるため、おふくろの味と称される事もあり、作り方は様々
である。また、各地で古くから作られており、名物料理だったり町おこ
しの料理ともされる。(出典:ウィキペディア)

あなたの好きな、思い出に残る味噌汁または味噌汁のある心象風景を四
行詩でお寄せください。

10月号の配信は10月5日、投稿締め切りは10月4日です。
4行詩の投稿をお待ちしています。

                    編集人 ジョッシュ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 メールマガジン: 詩とエッセイの月刊ポエム9月号
     発行日: 2014年9月7日(通算208号)
   総発行部数: 約200
     発行元: mbooks(ジョッシュ)
          http://www2c.biglobe.ne.jp/~joshjosh/index.html
     連絡先: prn81060_mbooks2アットyahoo.co.jp
          (アットを@マークにして送信ください)
     著作権: 著作権はmbooksおよび各作者にあります。 
          転載や引用は必ず事前にご相談ください。
   登録・解除: 各メルマガの配信元でお願いします。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊ポエム9月号「巻き髪」 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる