詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊ポエム10月号「味噌汁」

<<   作成日時 : 2014/10/05 09:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


味噌汁

午後5時。
打ち合わせは予定通りに終わる。ザッツイッツ(That's it! これでおし
まい!)と叫びながら、彼は分厚いをファイルを閉じた。やれやれとこ
ちらも書類を片付ける。2日間の緻密きわまりない本社監査だが、大き
な破綻もなくめでたくお開きである。
「何、食べようか?」
昨日は監査の途中だからと、さっさとホテルに引き揚げた彼だった。今
日も遠慮するかなとは思ったが、明朝一番の成田発で帰国の予定になっ
ている。初めての日本、監査も終わったことだし、儀礼的にもオファー
すべきだろう。カバンにファイルを押し込んでいた彼の手が止まった。
一瞬の間の後で、丸顔がにこっと笑う。
「そうだね。スゥシィが食べたい」
スゥシィとは寿司のことである。テンプゥラ、シャブシャウブなど、
ちょっとだけ訛ってはいるが、今や日本の和食のほとんどは海外でもそ
のままのネーミングで通用する時代になった。だから、いちいち説明す
る必要がなくて楽ちんだ。それに、日本にやってくる外国人でこういう
単語を発する人は、たいてい和食大好きと判断して間違いない。
「オッケー!」
笑い返しがらも、私は少し憂鬱になる。外国人と食事をともにする場合、
数ある和食の中で、寿司は少々やっかいなのだ。もちろん、築地や銀座
に行けば、旬のねたを握ってくれる上等な寿司屋には困らない。問題は
こっちのほうにある。

「これ何?」
カウンターに座るとたいていの外人客は、目の前の切り身を指差して尋
ねてくるのだ。マグロ、ハマチ、カツオくらいならクリアできるが、旬
のイサキ、ハタ、ノドクロなんて始まったら、ほぼお手上げ。スマホで
検索しながら四苦八苦である。これじゃせっかくの寿司を楽しめない。

そんな私の目の前に、つっと一枚のペーパーが。
「それが私のスゥシィ食べたいリストです」That's my favorite Sushi
list.
「は?」
見ると、ツナ、サーモン、スキャロップなど、寿司ネタが英語で八貫。
「日本にいる間に一度は寿司屋に行きたいと思って。食べたいネタをリ
ストにしてきたんだ。英語で通じるか心配でしたが、きみがいっしょな
ら通訳してるかい?」
「もちろん」
これはこっちも大助かりだ。と、リストの末尾にもう一品、書いてある。
しかもこれは彼が日本語で書こうとしたらしい。金釘のような筆跡だが、
まるで暗号のようで意味不明だ。指差して、首をかしげてみせると、苦
笑いが返ってきた。

「ホテルの朝食バッフェ(バイキング)でコーナーに出ていたスープだ
けど、スープ皿がなくて食べられなかったんだ。それで名前をメモって
きた。大きなボウルに薄茶色のスープと、その横にねぎや豆腐のカット
が置いてあった」
「ああ、それなら、ソイビーンペースト(味噌)スープだよ」
「え? あれが有名なミソスープ?」
目を丸くする彼。そうか、味噌汁もついにミソスープ、世界標準になっ
たんだ。

----------------------------------------------------------------

         今月のテーマ素材:  [味噌汁]

----------------------------------------------------------------

          [今月の巻頭詩]

      記憶

      家とは違う味
      遠くへ来てしまったんだな
      青春の忘れがたき記憶
      しょっぱい赤だしの味
      
      (あとがき)
      初めて親元を離れた学生時代の思い出。

      動物病院
      2014/09/08 00:41

----------------------------------------------------------------

   ▽△▽△  4 行 詩 の 展 覧 会  △▽△▽ 

         テーマ素材 「 味噌汁 」

  記憶 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 動物病院
  味噌汁のある風景 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ サヨナキドリ
  魔法の味噌汁 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ はいじ
  おみおつけ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ aoi
  祖母 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 実希

 ●作品表示の凡例 (作品は投稿順に並べてあります)
----------------------------------------------------------------
タイトル
 4行詩本文
 (あとがき)
ペンネーム
投稿日時
----------------------------------------------------------------
記憶

家とは違う味
遠くへ来てしまったんだな
青春の忘れがたき記憶
しょっぱい赤だしの味

(あとがき)
初めて親元を離れた学生時代の思い出。

動物病院
2014/09/08 00:41
----------------------------------------------------------------
味噌汁のある風景

底に溜まった味噌屑
上澄みに映る色のない顔
見上げればここは救護所の隅
見渡せど見知らぬ そこは街の跡

サヨナキドリ
2014/09/12 20:26
----------------------------------------------------------------
魔法の味噌汁

おかえりなさい。
その温もりがあなたの心に届ける
何も言わなくて良い。
どうかあなたの心が温まりますように。

はいじ
2014/09/28 21:25
----------------------------------------------------------------
おみおつけ

はじめてのあなたの家のキッチンで
さいしょにお味噌とお出汁を聞いた
合わせのお味噌にかつおのお出汁
同じ追憶、笑みがこぼれた

aoi
2014/09/30 01:32
----------------------------------------------------------------
祖母

遊びに行くと作ってくれたお味噌汁
丸のままの煮干しが苦手で顔をしかめる私に
「身体にいいからちゃんと食べなさい」と笑っていた
今では、同じ言葉を子供に向かって言っている

実希
2014/10/04 07:42
----------------------------------------------------------------
[記録室]
投稿全作品数:12
推薦詩:5
----------------------------------------------------------------
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 編集室から ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

御嶽山の突然の噴火は大きな災害となってしまいました。まだ行方不明
の方々がいらっしゃるとか。心が痛みます。一日も早い発見と、現地の
復旧を願います。

今月のテーマ素材は「味噌汁」でした。味噌汁はそれぞれに育った家庭
の味があって、ずうっと記憶に残るものですね。巻頭詩には、まさにそ
んな心情を綴った動物病院さんの「記憶」を選びました。記憶は苦かっ
たり、心浮き立つものであったり。私の田舎(九州)のそれは白味噌で
甘いのですが、引っ越してきた関東で赤味噌のしょっぱいのに出会った
ときは、たしかにびっくりしました。サヨナキドリさんの「味噌汁のあ
る風景」、その味噌汁は普段どおりなのに、その周囲はなんと違和感の
あることか。しんとした心の様子を感じました。

さて、11月号のテーマ素材は「留守(Ansence)」です。

留守(Goo辞書より)
1 主人や家人が外出している間、その家を守ること。また、その人。
2 外出して家にいないこと。
3 他のことに心を奪われ、その方に気が回らないこと。

これから年末にかけて、なにかと用事が立て込んで、留守にすることが
多くなる季節。あるいは思い惑うことが増えて、心ここにあらず。そん
な心象を四行詩でお寄せください。

11月号の配信は11月2日、投稿締め切りは11月1日です。
4行詩の投稿をお待ちしています。

                    編集人 ジョッシュ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 メールマガジン: 詩とエッセイの月刊ポエム10月号
     発行日: 2014年10月5日(通算209号)
   総発行部数: 約200
     発行元: mbooks(ジョッシュ)
          http://www2c.biglobe.ne.jp/~joshjosh/index.html
     連絡先: prn81060_mbooks2アットyahoo.co.jp
          (アットを@マークにして送信ください)
     著作権: 著作権はmbooksおよび各作者にあります。 
          転載や引用は必ず事前にご相談ください。
   登録・解除: 各メルマガの配信元でお願いします。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊ポエム10月号「味噌汁」 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる