詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊ポエム10月号「ビール」

<<   作成日時 : 2015/10/04 07:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ビール

遠くで雷が鳴ってる。泣き出そうな曇り空の下、それでも屋上には職場
のみんなが集まった。大きく張られたキャンプ用のタープが風にあおら
れ、ぱたぱた音を立てる。会議室から借用したらしき長テーブルがふた
つ、そには焼き鳥串を乗せたコンロが並び、その横にはビヤ樽が鎮座し
ていた。みんなはタープの下で雑談に夢中だ。
「さあ、おいでおいで。焼き鳥とビールがセットですよ」
階段口にいる私らの姿に気づいた若手社員が呼び込みを始めた。宣伝用
の法被を着ている。
「行こうか」
隣りに遠慮気味にたたずむ新人に声をかけてみる。しかし、彼女はじっ
と動かない。
「どうした? 主役から飲まないと始まらないよ」
「はい」
しかし、動かない。彼女の目は長テーブルに吸い寄せられている。
「ビール飲むって言ってたよね」
事前に確認済みだ。焼き鳥も「食べてみたい」と言っていたはず。
「焼きたてがうまいんだよ〜」
若手社員が声を張り上げる。
「あの」
新人が私の顔を見た。困っている。
「うん?」
「正直に言います。私、焼き鳥って食べたことがないんです」
「は?」
「あのー、お箸とか食器が見当たらないんですけど、どうやっていただ
けばいいんですか?」
私はのけぞりそうになり、まじまじと新人の顔を見返した。ほんとに
困っているようだ。
「そうか、それなら僕がお手本を見せてあげようか。おい、カシワを塩
で一本くれ」
「はーい」
私は串を指でつまむと、あんぐりと口をあけて、焼き鳥を食べた。横で
新人の目が大きくくるりと動く。口が小さめに開くが言葉は出てこない。
「焼き鳥は手でもって豪快に食べるんだよ」
そう言ってから、コンロ脇のウェットティッシュで指を拭く。
「それじゃ、新入社員にまずはつくねがいいかな」
新人は若手社員が差し出した串を恐る恐る指で受け取った。たれがたっ
ぷり付いているので、手のひらにまでたれが落ちていく。あ、と言いな
がら、急いでつくねを頬張る新人。その仕草に若手社員が噴出している。
「さて、次はビールだ。これはコップを使って飲むが、わかるか」
私がにやりと笑うと、緊張気味だった新人の顔がようやく和らいだ。
「それは知ってます」
「だよな」

----------------------------------------------------------------

         今月のテーマ素材:  [ビール]

----------------------------------------------------------------

          [今月の巻頭詩]

      ビール

      大人になれば美味しくなるはず
      泡だってきっとクリーミーなはず
      大さじ1杯が限界なんて
      憂さ晴らしも出来やしない

      チピ○
      2015/09/30 21:53

----------------------------------------------------------------

   ▽△▽△  4 行 詩 の 展 覧 会  △▽△▽ 

         テーマ素材 「 ビール 」

  舶来ビール ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ サヨナキドリ
  ビール ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ チピ○
  対価 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 実希

 ●作品表示の凡例 (作品は投稿順に並べてあります)
----------------------------------------------------------------
タイトル
 4行詩本文
 (あとがき)
ペンネーム
投稿日時
----------------------------------------------------------------
舶来ビール

風に揺られた麦の穂は
青く乾いた夏の香り
遠い異国の田園を
目を閉じ舌で確かめる

サヨナキドリ
2015/09/21 12:26
----------------------------------------------------------------
ビール

大人になれば美味しくなるはず
泡だってきっとクリーミーなはず
大さじ1杯が限界なんて
憂さ晴らしも出来やしない

チピ○
2015/09/30 21:53
----------------------------------------------------------------
対価

初めて飲んだビールはただ苦くて
大人になったらおいしくなるかと
期待の日々が過ぎた夏の日
たくさんの汗と引き換えのおいしさを知った

実希
2015/10/03 23:53
----------------------------------------------------------------
[記録室]
投稿全作品数:5
推薦詩:3
----------------------------------------------------------------
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 編集室から ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

秋雨前線かと思ったら、爆弾低気圧。強風と雨で大変でした。そういえ
ばこの頃の日本、いささか天候変動が激しいです。みなさん、体調はい
かがですか。

今月は「ビール」がテーマ素材でした。私自身がビール大好き人間なの
でこのテーマにしましたが、案外、ビールがダメだという人も多いよう
でしたね。巻頭詩のチピ○さん「ビール」はまさにそんな感じ。体質的
に受け付けない人にとって、ビールをおいしそうに(実際、おいしいの
ですが)飲むシーンは少々、悔しい思いをされるのかも。実希さんの
「対価」はおいしさに転化する苦労の数々でしょうか。

さて、来月(11月)号のテーマ素材は、「流星(Meteor」です。秋の
澄み渡った夜空は星座の海。その海でときおり細波のように飛び交い、
燃え尽きる流星たち。あなたの夜空に流れる星の生き様を四行詩でお寄
せください。

11月号の配信は11月8日(日)、投稿締め切りは11月7日(土)
です。4行詩の投稿をお待ちしています。

                    編集人 ジョッシュ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 メールマガジン: 詩とエッセイの月刊ポエム10月号
     発行日: 2015年10月4日(通算221号)
   総発行部数: 約200
     発行元: mbooks(ジョッシュ)
          http://www2c.biglobe.ne.jp/~joshjosh/index.html
     連絡先: prn81060_mbooks2アットyahoo.co.jp
          (アットを@マークにして送信ください)
     著作権: 著作権はmbooksおよび各作者にあります。 
          転載や引用は必ず事前にご相談ください。
   登録・解除: 各メルマガの配信元でお願いします。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊ポエム10月号「ビール」 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる