詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊ポエム新年1月号「自由」

<<   作成日時 : 2016/01/10 17:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


自由

「ねえ、何か言って」

黙っていることに耐えられず、私はお願いした。横目でそっと表情をう
かがう。もう30分は走っている。重い扉を押し開く感覚。開いた隙間
からさあっと入り込む冷たい、しかし、気持ちの良い空気の匂い。私の
胸を躍らせたそれらは、車窓を通り過ぎる古い街並みをぼんやり眺めて
いるうちに、すっかり薄れてしまった。そして、新しい不安がじわっと
体の奥から滲んでくる。

どこへ行くのだろう。

ハンドルを握る母は無言だ。汗を拭きながら急ぎ足で入ってきたときか
ら、はっきりと不機嫌だった。その原因を私は知らない。しかし、母は
私を車に乗せるとそれっきり私の方を見ようともしない。楽しいはず
だった時間が、じりじりと焼けるような痛みを伴っている。

「ねえ」

思い切って、母の腕に手を伸ばす。いつものクリーム色のカーディガン。
毛玉ひとつないニットの下に母の柔らかい腕を感じる。母の頭が動く。
自分の腕をつかもうとする私の手を見る。それからスローモーションで
私に視線を向ける。

「あなたの自由にしてあげる」

硬い顔つきのまま、母はそう言った。

「それがあなたの望みでしょう」

私は手を引っ込めた。まさかと思った。しかし、見つめる母の目には
強い光がある。本気なのだ。私は演技を続ける。できる限り気楽な感
じで、頷き返した。

うん、そうよ。

案に反して、言葉は喉に詰まってしまった。これが私の限界かもしれ
ない。あるいは、母に全てを話してしまいたい? 否、今さらそれは無
理だ。母は運転に戻っている。今や私は行く先を知っている。そして、
嬉しそうな顔を作らなければと焦る。

「ありがとう」

掠れたが、ようやく声が出た。

----------------------------------------------------------------

         今月のテーマ素材:  [自由]

----------------------------------------------------------------

          [今月の巻頭詩]

      「ひつじ田」

      自由に週刊誌を三冊選び
      オムライスを食べて居る
      窓外は田園で
      稲の残根から緑の芽が伸びて居た

      ロウ異性
      2015/12/17 20:48

----------------------------------------------------------------

   ▽△▽△  4 行 詩 の 展 覧 会  △▽△▽ 

         テーマ素材 「 家路 」

 「ひつじ田」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ロウ異性
  自由 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 森静野
  digitized ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ サヨナキドリ
  ひとり旅 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 実希

 ●作品表示の凡例 (作品は投稿順に並べてあります)
----------------------------------------------------------------
タイトル
 4行詩本文
 (あとがき)
ペンネーム
投稿日時
----------------------------------------------------------------
「ひつじ田」

自由に週刊誌を三冊選び
オムライスを食べて居る
窓外は田園で
稲の残根から緑の芽が伸びて居た

*稲を刈った切り株から生えて来る青い穂を「ひつじ穂」と言うそうです。

ロウ異性
2015/12/17 20:48
----------------------------------------------------------------
自由

自販機に向かい
ためらわずジュースを買う
ちっぽけだが偉大な自由
学生時代には無理だった

(あとがき)
財布にお金が入る分、寄る年波も押し寄せる。

森静野
2015/12/20 23:29
----------------------------------------------------------------
digitized

無限の世界を結び
悠久の歴史を蓄え
永遠の未来を照らす
5.7インチの不自由

サヨナキドリ
2015/12/21 15:45
----------------------------------------------------------------
ひとり旅

行先も目的も
風景を眺めて過ごす時間も
限りなく自由で楽しいけれど
話し相手がほしい瞬間(とき)もある

実希
2016/01/09 23:49
----------------------------------------------------------------
[記録室]
投稿全作品数:9
推薦詩:4
----------------------------------------------------------------
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 編集室から ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

あけましておめでとうございます。
新しい年2016(平成28年)がスタートしました。月刊ポエムもお
かげさまで通算224号、途中の休止もありましたが、足掛け20年め
になりました。今年もよろしくお願いいたします。

さて今月のテーマ素材は「自由」でした。巻頭詩にはロウ異性さんの
「ひつじ田」を選びました。窓の外の風景、目の前のオムライスと週刊
誌。それらがシンボリックで、自分の時間を自由に使ってるなあと和み
ます。森静野さんのささやかな「自由」は経済力があってのもの。サヨ
ナキドリさんの便利な「不自由」と実希さんの「ひとり旅」でのひと恋
しさは、逆説的ですが、そういうもんだなあと頷く自分がおります。

来月2月号のテーマ素材は「雪 Snow」です。冬になると凍える空から落
ちてくる白い粒々、雪。温暖な九州で生まれ育った私には、年に数度し
かない雪の朝、真っ白い世界がとても特別なものに見えました。あなた
にとっての雪景色を四行詩でお寄せください。

2月号の配信は2月7日(日)、投稿締め切りは2月6日(土)です。
4行詩の投稿をお待ちしています。

                    編集人 ジョッシュ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 メールマガジン: 詩とエッセイの月刊ポエム新年1月号
     発行日: 2016年1月10日(通算224号)
   総発行部数: 約200
     発行元: mbooks(ジョッシュ)
          http://www2c.biglobe.ne.jp/~joshjosh/index.html
     連絡先: prn81060_mbooks2アットyahoo.co.jp
          (アットを@マークにして送信ください)
     著作権: 著作権はmbooksおよび各作者にあります。 
          転載や引用は必ず事前にご相談ください。
   登録・解除: 各メルマガの配信元でお願いします。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊ポエム新年1月号「自由」 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる