詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊ポエム2月号「雪」

<<   作成日時 : 2016/02/07 08:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



「おいこら、何してるぅ?」
頭の上から声が降ってきた。いつも通りの明るさだ。まるで電話の話は
無かったかのような。 僕はゆっくりと目線を上げる。
「テーブルのひび割れを数えていた」
手つかずのコーヒーはとっくに冷めている。
「ふーん、それでいくつあったの?」
「5ミリ以上のひび割れだけで、42カ所あった」
僕の答えに眉をちらっと動かすと、彼女はそのまま椅子を乱暴に引いて
座る。
「ひび割れの定義って5ミリなの?」
いつものように、オレンジジュースをオーダーすると僕を真正面から見
る。
「今日はそういうことにした。目で数えるだけだから」
「ひび割れが42カ所だと、このテーブルは修理したほうがいいの、そ
れとも新しいのに替える?」
ジュースはすぐに出てきた。小さな喫茶店だから、サービスは速い。
「このままでいいと思う。店の雰囲気に合ってるし」
「なるほど。ここ、けっこう古いもんね」
いや、そういう意味じゃない。けれど、そこは突っ込まない。それより
も今日はもっと大事な話があるはずから。

「ところで」
僕は切り出した。そこで言葉が切れる。彼女の視線がずれていた。くりっ
と大きな目が僕の後ろの方を向いている。
「電話で言われた事だけど」
かまわず続けた僕に、彼女は小さく頷く。
「あのさ、別れましょうよって、僕らはそもそも付き合ってもいないし」
「え?」
やっと彼女の視線が戻ってきた。
「僕らはふつうにクラスメイトなだけだろ」
「そうかなあ。こうして2人だけでお茶してるって、あたしの定義では
かなり特別なカンケーなんだけど」
そう言うと、またすぐに彼女の視線が僕の後ろへとずれる。
「それじゃ確認するけど、別れるって、きみの定義ではどういうことに
なるわけ?」
「うふふ、それはねえ、ちょっとだけ窓の方を見てくれる?」
窓は僕の真後ろになる。首をひねってみた。そしてまた彼女に目線を戻
す。
「雪が降ってる」
「でしょ。これって、なごり雪かな」
嬉しそうに笑う彼女。しかし、ちょっとだけだが、いつもとは違うよう
に見える。胸の奥に巣食った違和感を抑え込もうと、僕はゆっくりと、
冷めたコーヒーに手を伸ばす。

----------------------------------------------------------------

         今月のテーマ素材:  [雪]

----------------------------------------------------------------

          [今月の巻頭詩]

      雪の舞

      さしだした手のひらに
      ふわふわと舞いおりて
      ゆっくりととける
      綿毛のような白い雪

      実希
      2016/02/07 00:16

----------------------------------------------------------------

   ▽△▽△  4 行 詩 の 展 覧 会  △▽△▽ 

         テーマ素材 「 雪 」

  予感 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ サヨナキドリ
  冬 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ チピ○
  雪の舞 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 実希

 ●作品表示の凡例 (作品は投稿順に並べてあります)
----------------------------------------------------------------
タイトル
 4行詩本文
 (あとがき)
ペンネーム
投稿日時
----------------------------------------------------------------
予感

心なしか静かな朝に
エンジンのただ回る音
ため息ひとつ
枕に積もる

サヨナキドリ
2016/01/18 11:46
----------------------------------------------------------------


灰色の空 冷たい空気
雪のにおい
赤い千両の木の実をつつく小鳥
窓越しに見える冬の風景

(あとがき)
今年もよろしくお願いします〜。

チピ○
2016/02/02 12:05
----------------------------------------------------------------
雪の舞

さしだした手のひらに
ふわふわと舞いおりて
ゆっくりととける
綿毛のような白い雪

実希
2016/02/07 00:16
----------------------------------------------------------------
[記録室]
投稿全作品数:6
推薦詩:3
----------------------------------------------------------------
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 編集室から ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

寒くなりました。お変わりまりませんか。先日は関東でも大雪があり、
久しぶりに雪かきをやり汗をかきました。道路も積雪で滑りやすくなり、
まだ履いてない冬用のタイヤ、どうしようかと思案中です。

さて、今月のテーマは「雪」でした。巻頭詩には降る雪をじっと見つめ
た実希さんの「雪の舞」を選びました。それと、チピ○さんの「冬」の
光景と雪のにおいという表現も印象的。また、サヨナキドリさんの「予
感」は雪の朝への嫌悪でしょうか。たしかに雪かきは大変です(実感)。

来月3月号のテーマ素材は「期待(Expectation)」です。毎朝、今日は
何か良いことがないものかと思います。しかし、特にこれといったこと
もなく、それでも平穏な日々が通り過ぎる。あなたの期待するものを四
行詩でお寄せください。

3月号の配信は3月6日(日)、投稿締め切りは3月5日(土)です。
4行詩の投稿をお待ちしています。

                    編集人 ジョッシュ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 メールマガジン: 詩とエッセイの月刊ポエム2月号
     発行日: 2016年2月7日(通算225号)
   総発行部数: 約200
     発行元: mbooks(ジョッシュ)
          http://www2c.biglobe.ne.jp/~joshjosh/index.html
     連絡先: prn81060_mbooks2アットyahoo.co.jp
          (アットを@マークにして送信ください)
     著作権: 著作権はmbooksおよび各作者にあります。 
          転載や引用は必ず事前にご相談ください。
   登録・解除: 各メルマガの配信元でお願いします。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊ポエム2月号「雪」 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる