詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊ポエム5月号「こいのぼり、男の子」

<<   作成日時 : 2016/05/15 11:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


☆こいのぼり。

屋根より高い。
大きいのが親、小さいのは子どもたち。
仲よさそう。
泳いでる。

なんか嘘っぽい。ていうか、ひがみ目線だよね、この歌。持ってないもの、もてるわけもないくせに、まるでそこにあるみたいに、にこにこ笑ってるみたいな、いやーな感じ。小さいころ、いつも思ってた。だって、あたしたちって、こいのぼりなんか折り紙で作ったしょぼいのしか知らないし、それを割りばしにはさんで歌ったり。どんなにあがいたって、そんなもん、屋根より高くなるわけないじゃん。そもそも私たちって親の顔知らないじゃん。誰ともぜんぜん仲よくないし、じゃなくて、ぜんぜん意味わからない、この歌。

え?

泣いてなんかいないよ、バカ言わないの。別にアンタのこと信用したわけじゃないからね。ただ、そんなノーテンキに鼻歌ってるから、ちょっと気になっただけ。ふん、いいわ、歌いたけりゃどうぞ。そうね、季節には合ってるか。風は気持ちいいし、いなかも気分直しには悪くないよ。でも、もういっかい考えた方がよくない? だって、あたしだよ。たとえば、どんなお仕事をとかきかれるでしょ、なんて答えるさ。まんまはダメでしょ。笑って済むか。そんなもんか。

うん。

やっぱ、やめるわ。べつにあんなもん、とくべつに見たいわけじゃないし。あちこちのやつ、テレビでもやってるし。あんたのおいっこだかのお祝い? どうだか知らんけど、あたしカンケーないし。きっと場違いだし。気にするわよ、そこ。ね、車、停めて、下りるわ。あたし、下りる。やだ、行きたくない。あんたの正体を見たくない。だから、降りる、止めて。

ありがと。
-----------------------------------------------
☆今月の巻頭詩☆

鯉のぼり

空気の毒食え鯉のぼり
男はつらいぞ鯉のぼり
泣きっ面に蜂は日常ぞ
それでも人生は続くのだ

(あとがき)
鯉のぼりはウバザメのフォルム。プランクトンの代わりに空気中の毒を食べてくれたなら。

森静野
2016/04/30 09:13
-----------------------------------------------
☆4行詩の展覧会「こいのぼり、男の子」

節句 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ チビ○
鯉のぼり ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 森静野
願い ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 実希

●作品表示の凡例 
(作品は投稿順に並べてあります)
-----------------------------------------------
タイトル
4行詩本文
(あとがき)
ペンネーム
投稿日時
------------------------------------------------
節句

若葉の香りでお腹をふくらませ
飛んでいきそうな金色の鯉
見上げてる
五月晴れの空

チピ○
2016/04/28 13:07
------------------------------------------------
鯉のぼり

空気の毒食え鯉のぼり
男はつらいぞ鯉のぼり
泣きっ面に蜂は日常ぞ
それでも人生は続くのだ

(あとがき)
鯉のぼりはウバザメのフォルム。プランクトンの代わりに空気中の毒を食べてくれたなら。

森静野
2016/04/30 09:13
------------------------------------------------
願い 

新緑と青空の中
キラキラ光る風をうけて
力強く泳いでほしい
故郷のこいのぼり

実希
2016/05/07 23:30
------------------------------------------------
[記録室]
投稿全作品数:5
推薦詩:3
------------------------------------------------
◇ 編集室から ◇
お変わりありませんか。
今月は諸般の事情で発行予定日を一週間遅らせてしまいました。そして今回から配信フームを若干変更しています。月刊ポエムの読み出し媒体がPCからスマホに変化している現状に合わせて、従来の改行をなくして、読みやすい左寄せの体裁にしてみました。

さて、今月のテーマ素材は「こいのぼり、男の子」でした。初めての2テーマでしたが、巻頭詩には森静野さんの「鯉のぼり」を選びました。きつい日々のうっぷんをせめて鯉のぼりが食べてくれたらという妄想ですが、同じ気分で仰ぐ人も多いかもと思います。チピ○さんの「節句」は、初端午の嬉しさが、実希さんの「願い」は近頃の災害地への思いがこめられているように読みました。

次回、6月号のテーマ素材は「雨、花嫁」です。入梅で雨の多い6月ですが、この月に結婚する「6月の花嫁」は生涯幸せになるという言い伝えが欧米にはあると聞きます。あなたの周囲の雨と花嫁を四行詩でお寄せください。テーマはどちらかひとつでも、ふたつあわせても結構です。

6月号の配信は6月12日(日)、投稿締め切りは6月11日(土)です。
4行詩の投稿をお待ちしています。

編集人 ジョッシュ
------------------------------------------------
メールマガジン:詩とエッセイの月刊ポエム5月号
発行日:2016年5月15日(通算230号)
総発行部数:約200
発行元:mbooks(ジョッシュ)
http://www2c.biglobe.ne.jp/~joshjosh/index.html
連絡先:prn81060_mbooks2アットyahoo.co.jp
(アットを@マークにして送信ください)
著作権:著作権はmbooksおよび各作者にあります。 
転載や引用は必ず事前にご相談ください。
登録・解除: 各メルマガの配信元でお願いします。
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊ポエム5月号「こいのぼり、男の子」 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる