詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊ポエム12月号「落書き」

<<   作成日時 : 2016/12/04 09:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

☆落書き

今夜は月がいちばん大きくなる。外に出て背を伸ばし、すっと体を捻る。虹色の雲が溶けて白く淡い霧になり、するりと境界を抜けた。眼下に暗い夜、そして小さくポツンとだいだい色の灯りが見える。振り返って月の位置を再確認する。天空いっぱいに満ちた月があたしの背中を押してくれる。そっと指先を振る。遠かった灯りがぐいぐいと近づき、灯りは格子に割れ、藁葺き屋根の軒先を照らし出す。窓の中には小さなベッド、口元まで毛布を被った幼い子供が寝ている。熊の絵が描かれた毛布はお気に入りだった。

子供の額が汗で光っている。まだ熱が下がらないのか。小さく口を開け、子供が咳をした。格子窓を通り抜け、子供のベッドから少し離れて留まる。毛布が小刻みに震えている。汗は首筋を伝い、はだけた薄い胸へと幾重にも染みをつくる。子供の意識は暗い闇にひとり居た。熱に炙られながら、体いっぱいに不安と絶望が満ちている。来てよかった。あたしが絵を描いてあげる。きっとあなたは気にいるわ。

ポケットの色鉛筆から、お気に入りのパープルを取り出した。やわらかく握って白い壁に向かう。まずは願いを叶えるキラキラ星、星降る山には森と小さな町。その町の外れに小さな港と色とりどりの船の帆がはためき、風は雪を呼び、吹雪は町を白く埋め尽くす。

子供が咳をする。苦しそうに顔を歪めている。あたしは色鉛筆で描き続ける。パープルラインは白い壁から滑り落ち、子供の枕元でくるくる回る。大丈夫、ほーら、ご覧、世界は夢で満ちている。星たちは歌い、雪はあなたを誘う。家の外にはたくさんの子供たち、みんなあなたの友だちだわ。大きな月がゆっくりと傾いていく。子供の咳が弱くなる。でも、もう少し。あたしは絵を描き、歌い続ける。

♪天使のらくがき → https://youtu.be/1F30Ga1PiVs

-----------------------------------------------
☆今月の巻頭詩☆

休日

公園に寝転んで
青空のキャンバスに
雲の筆で落書き
心がちょっと軽くなった

実希
2016/12/03 21:53
-----------------------------------------------
☆4行詩の展覧会「落書き」

長電話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ チピ○
休日 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 実希
落書き ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 叙朱

●作品表示の凡例 
(作品は投稿順に並べてあります)
-----------------------------------------------
タイトル
4行詩本文
(あとがき)
ペンネーム
投稿日時
------------------------------------------------
長電話

とり止めのない会話
冷たくなる足先
もじもじしながら・・・
メモ用紙は落書きだらけ

懐かしい昭和の思い出

チビ○
2016/11/22 13:35
------------------------------------------------
休日

公園に寝転んで
青空のキャンバスに
雲の筆で落書き
心がちょっと軽くなった

実希
2016/12/03 21:53
------------------------------------------------
落書き

ぎこちなく跳ねた語尾に
きみの怒りが見てとれる
けれでもぼくは少し不満だ
最後の行だけが韻を踏んでない

叙朱
2016/12/04 09:00
------------------------------------------------
[記録室]
投稿全作品数:5
推薦詩:2
------------------------------------------------
◇ 編集室から ◇

師走になりました。爆弾寒気団が関東にも押し寄せて、こちらでは先月に何十年ぶりかという降雪があり、しかもうっすらと積もってしまい、大騒ぎ。今年は厳しい冬になりそうです。お変わりありませんか。

12月号のテーマ素材は「落書き」でした。巻頭詩には実希さんの「休日」を選びました。のんびりと横になって空を見る。流れる雲の形からあれこれ想像しながら過ごすひと時、なんかほっとします。チピ○さんの「長電話」、きっと公衆電話ですね。十円玉の残りを気にしながら、なんていうこともあったような。

さて、新年1月号のテーマ素材ですが「キラキラ(sparkle)」です。子供の目や軒先のツララ、新調した靴や寿ぎのシャンパンなど、新年にはいろいろなものがキラキラ輝いて見えます。あなたのキラキラする思いやまわりのキラキラするものを四行詩で描いてみてください。

新年1月号の配信は1月8日(日)、投稿締め切りは1月7日(土)です。
4行詩の投稿をお待ちしています。

編集人 ジョッシュ
------------------------------------------------
メールマガジン:詩とエッセイの月刊ポエム12月号
発行日:2016年12月4日(通算237号)
総発行部数:約200
発行元:mbooks(ジョッシュ)
http://www2c.biglobe.ne.jp/~joshjosh/index.html
連絡先:prn81060_mbooks2アットyahoo.co.jp
(アットを@マークにして送信ください)
著作権:著作権はmbooksおよび各作者にあります。 
転載や引用は必ず事前にご相談ください。
登録・解除: 各メルマガの配信元でお願いします。
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊ポエム12月号「落書き」 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる