詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊ポエム3月号「追いかける」

<<   作成日時 : 2017/03/12 06:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

☆追いかける

粗末な駅舎を出ると雪だった。
小さな街灯にまとわりつく蛾の群れのような不揃いのボタン雪だ。男が立っていた。頭や肩が白くなっているから、ずっと外で待っていたらしい。
ご苦労さまです。
呟いた男の目がさりげなく駅舎に走る。が、降りたのは私ひとり。他に誰もいない。
バカな。なぜ、ひとりで。
私はうっすらと笑う。石を噛む思いで何年も追いかけて、やっと辿り着いたのだ。今さら他に考えられるか。
男の呆けた顔が急に歪んだ。私の右手を見て合点したらしい。
そうか、そっちか。
そうだ、そっちだ。
右手をゆっくりと持ち上げ、男の左胸に狙いをつける。肩を落とし、男は目を閉じた。
詫びのセリフは要らないのか。
男の呟きが私のどこか深い場所をえぐる。構えた右手に雪が舞い降り、橙色の街灯が右手を血の色に染め始める。
要らん。
声が掠れた。背後から立ちこめた夜の闇が男のシルエットを飲み込もうとしていた。
逃すものか。
ぱん。
暗転。

-----------------------------------------------
☆今月の巻頭詩☆

思いのほか有限の未来に立ち

自分なら特別な人間になれると
でっかい使命に魅せられていた
今 こんなにもささやかな未来を抱いて
愛しんではぼろぼろと泣きじゃくる

サヨナキドリ
2017/02/19 09:25
-----------------------------------------------
☆4行詩の展覧会「追いかける」

カレンダーが ‥‥‥‥‥‥‥‥ nano
思いのほか有限の未来に立ち ‥ サヨナキドリ
豪雪 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ チビ○
飛行機雲 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 実希

●作品表示の凡例 
(作品は投稿順に並べてあります)
-----------------------------------------------
タイトル
4行詩本文
(あとがき)
ペンネーム
投稿日時
------------------------------------------------
カレンダーが

今日はxx曜日だな
え、それは明日の事?
このところの思い違いしきり
追いかけるのはいつもカレンダー

(あとがき)
ただでさえ一日が、一年が過ぎるのが早いのに気持ちはそれよりも先に行ってしまう今日このごろ。たまにはカレンダーを追いかけてみたい、じっくりと。

nano
2017/02/05 13:01
------------------------------------------------
思いのほか有限の未来に立ち

自分なら特別な人間になれると
でっかい使命に魅せられていた
今 こんなにもささやかな未来を抱いて
愛しんではぼろぼろと泣きじゃくる

サヨナキドリ
2017/02/19 09:25
------------------------------------------------
豪雪

海からの強風が粉雪をまき散らす
視界は最悪
こんな日にと呟きながら
追いかけるのは前車のテールランプ

(あとがき)
33年ぶりの大雪の朝の事でした〜

チビ○
2017/02/23 16:28
------------------------------------------------
飛行機雲

青い空に一筋の飛行機雲
足を止めて空を見上げ
ぐんぐん伸びていく雲の行方を
追いかける

実希
2017/03/04 22:11
------------------------------------------------
[記録室]
投稿全作品数:11
推薦詩:4
------------------------------------------------
◇ 編集室から ◇

こんにちは。横浜もようやく春めいた日がいくつかあって、木々も少し背伸びしている。そんな季節になりました。先週は急な事情で月刊ポエムの発行が一週間だけ遅れました。だいたいいつも、ほとんど用事の入ることのない静かな日曜日の朝早くに配信の準備をしているのですが、世の中の事情はそういうことには無頓着に動くもので、ほんとに失礼いたしました。

今月のテーマ「追いかける」には久しぶりに10篇を越える4行詩をお寄せいただきました。巻頭詩にはサヨナキドリさんの「思いのほか有限の未来に立ち」を選びました。若いとき目指したもの、それはどこまでも永遠に追いかけられると信じた頃が私にも確かにありました。nanoさんの「カレンダーが」にはあれこれと忙殺される日々の苛立ちを、チピ○さんの「豪雪」にはいつか走った新潟の山道の不安を、実希さんの「飛行機雲」には、まっすぐな雲を見つけたときの小さなワクワク感を見つけました。

さて、4月号のテーマ素材ですが「ルーキー・新人(Rookie)」です。春はいろいろなシーンで新しい人、ルーキーが登場します。あなた自身のルーキー時代や周囲の胸を膨らませた、あるいは不安いっぱいの新米たちへのあなたの思いを四行詩でお寄せください。

4月号の配信は4月9日(日)、投稿締め切りは4月8日(土)です。
4行詩の投稿をお待ちしています。

編集人 ジョッシュ
------------------------------------------------
メールマガジン:詩とエッセイの月刊ポエム3月号
発行日:2017年3月12日(通算240号)
総発行部数:約200
発行元:mbooks(ジョッシュ)
http://www2c.biglobe.ne.jp/~joshjosh/index.html
連絡先:prn81060_mbooks2アットyahoo.co.jp
(アットを@マークにして送信ください)
著作権:著作権はmbooksおよび各作者にあります。 
参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊ポエム3月号「追いかける」 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる