詩とエッセイの月刊ポエム

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊ポエム6月号「雨中」

<<   作成日時 : 2017/06/04 10:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

雨中

「天気雨だわ」
はしゃいだ声が響く。みんなバスの窓に顔をくっつけたままだ。退屈だった単調な暮らしからようやく解放される。そんな気持ちが外の景色に向かっている。
「それは雨じゃないよ」
背中に声をかける。窓の向こう、急な斜面にへばりつくカラフルな街並みが見える。空は晴れ。しかし、ガラスにはポツポツと水滴がつき始めた。いくつかの水滴が集まり、さっと後ろに流れる。
「ふーん。それじゃあ、 霧?」
「でもない」
私は空港で使う書類にもう一度目を通す。問題なし。鶴のマークの飛行機で彼らは太平洋を越えて祖国へと帰る。
「じゃあ、何?」
「涙」
「えー」
一斉に声が上がる。さすがに私へと振り向く顔がいくつか。表情に屈託はない。一年は長い。が、そんな思いは湾の向こうに置いてきたのだろう。すっかり切り替えができた顔ばかりだ。
「君らを惜しんで金門橋が泣いている」
軽い口調だったが、車内がしんとなった。彼らは傷ついていた。一年は長い、しかし、傷口のかさぶたはまだ軟らかい。
「オレ、知ってるよ」
前の方に座ってた少年が大声を出した。言ってみろ、と頷く。
「これってさー、ナパーム弾でしょ。ベトナム戦争でアメリカが落としたナパーム弾。真っ青な空からゆっくりとウチらの上に落ちてくる大量の涙雨」
「よしなさいよ」
後ろから悲鳴のように少女が叫ぶ。再び静寂。私は窓を開けさせる。みんなに手のひらで水滴を受けさせる。そしてなめてみろ。
「あ、塩っぱい」
そうだ。正体は海岸でよくある海水雨。海の波から弾かれた海水が風で舞い上がり、橋の上に落ちてくる。それだけのことだ。しかし、地元の人は戦争の反省からか、涙雨と呼ぶ。窓を閉めさせる。バスはスピードを上げた。


♪雨を見たかい by CCR https://youtu.be/pUy2uSeyOFE

-----------------------------------------------
☆今月の巻頭詩☆

雨中

雨の日にはタクシーを走らせ
職場を目指す
雨中は仕事が休みにならんか
ならんから走らす

森静野
2017/06/03 12:10
-----------------------------------------------
☆4行詩の展覧会「雨中」

雨にぬれても ‥‥‥‥‥‥‥‥ nano
雨中の人に ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ サヨナキドリ
6月 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ チビ○
雨中 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 森静野

●作品表示の凡例 
(作品は投稿順に並べてあります)
-----------------------------------------------
タイトル
4行詩本文
(あとがき)
ペンネーム
投稿日時
------------------------------------------------
雨にぬれても

たとえ雨が降リだしても
早足にもせず走リもせず
雨の予報にも傘は持たず
でもさしかける傘にホッ

(あとがき)
雨に濡れるのはさほど嫌じゃない。傘は適度な雨量以外には不要に思う。弱い雨ならいらないし、猛烈な雨には役に立たない。で、忘れ物の達人なのでほとんど傘は持ち出さない。おかげで同じ傘は随分長持ち。
nano
2017/05/18 11:35
-----------------------------------------------
雨中の人に

雨中に佇む人に 冷たい雨垂れと
溢れる涙の区別もつかない人に 私は
差し出す傘もなく立ち竦み 彼らは
窓越しに憐れみを寄せるばかりで あなたは

サヨナキドリ
2017/05/24 22:12
-----------------------------------------------
6月

気まぐれに変わる空模様
中途半端な衣替え
だからこそ、と言っているような
雨中のアジサイ

チビ○
2017/06/02 18:47
-----------------------------------------------
雨中

雨の日にはタクシーを走らせ
職場を目指す
雨中は仕事が休みにならんか
ならんから走らす

(あとがき)
梅雨また今年も来たらん。

森静野
2017/06/03 12:10
------------------------------------------------
[記録室]
投稿全作品数:8
推薦詩:4
------------------------------------------------
◇ 編集室から ◇

暑い日が続いていますが、お変わりありませんか。先日、夏野菜をポットにいくつか植えてみました。いつだったか、ナス、ピーマンが結実一個だけという挫折を味わって以来ですから、ほんとに久しぶりです。8月頃に採れたてを鉄板で焼いて食べてみたいなと、想像するだけでも楽しみです。

さて今月のテーマ素材は「雨中」でした。まだ梅雨前線は沖縄あたりのようですが、巻頭詩には森静野さんの「雨中」を選びました。雨には好き嫌いがありますが、雨の日の通勤電車はみなさん大変でしょう。雨の朝のタクシー利用、すこぶる快適ですよね。チピ○さんの「6月」はアジサイ。この花が鮮やかに咲いていると、たとえ雨降りでなくても梅雨だなあと思ってしまいます。

来月7月はいよいよ太陽サンサンの夏。テーマ素材は「海の家(beach house)」にしました。梅雨明けにあわせて海岸沿いに並び始める色鮮やかな海の家。家族連れや若い人たちで大賑わいですが、そんな海の家を描いた、あるいは海の家の思い出を書き留めた4行詩をお待ちしております。

7月号の配信は7月2日(日)、投稿締め切りは7月1日(土)です。
4行詩の投稿をお待ちしています。

編集人 ジョッシュ
------------------------------------------------
メールマガジン:詩とエッセイの月刊ポエム6月号
発行日:2017年6月4日(通算243号)
総発行部数:約200
発行元:mbooks(ジョッシュ)
http://www2c.biglobe.ne.jp/~joshjosh/index.html
連絡先:prn81060_mbooks2アットyahoo.co.jp
(アットを@マークにして送信ください)
著作権:著作権はmbooksおよび各作者にあります。 
転載や引用は必ず事前にご相談ください。
登録・解除: 各メルマガの配信元でお願いします。

参加してます→ にほんブログ村 ポエムブログ 詩集へにほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊ポエム6月号「雨中」 詩とエッセイの月刊ポエム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる